安全のために取り付けよう|犯罪に対して有効な防犯カメラの設置と録画について

犯罪に対して有効な防犯カメラの設置と録画について

安全のために取り付けよう

ウーマン

録画方式の違い

住まいの防犯対策には、常時屋外を監視することができる、防犯カメラの設置が最適です。空き巣や車上荒らし、落書き被害などは、どこの家庭でも起こり得るものであり、防犯カメラで対策を取っていれば、被害に遭った際の犯人の特定もしやすくなります。また、防犯カメラをあえて意識させることは、犯行の気勢を削ぐことにもつながるので、抑止の面でも役立ってくれます。今は一般家庭でも無理なく購入できる、性能の良い防犯カメラがいくつも販売されているので検討してみましょう。防犯カメラは、映像を別のレコーダーに保存できるタイプと、カメラ本体にSDカードを挿して録画するものなどがあります。カメラとSDカードが一体になっているものも、犯人の手の届かない場所に設置することで、十分な防犯機能を果たしてくれます。

夜間でも使えるものを

防犯カメラを設置する上で考えなくてはならないのが、夜間でも問題なく撮影できる機能を持っているかどうかです。防犯カメラの中には夜間撮影に対応していないものもあるので、購入の際にはしっかりと確認しておきましょう。夜間撮影に対応している防犯カメラは、LEDの赤外線暗視機能が付いているものが豊富にあります。LEDのランプが外から見えるタイプと全く光をを発しないものがあり、カメラをあえて意識させるためには、外からLEDの光が見えるものも役立ってくれます。また、犯人の顔や車のナンバーなどは、鮮明に残しておかなければならないので、画素数にも注目して選びましょう。130万画素以上のものであれば、防犯カメラの機能を十分果たすことができます。